杉田 廣貴|Artist , 書道家 > すぎたこうき通信 > Exhibit-Event > Dunedin Fine Art Centerにて大書揮毫。

Dunedin Fine Art Centerにて大書揮毫。

Koki Sugita - 杉田廣貴

以前から、大書揮毫は「書道パフォーマンス」とは似て非なるものと伝えてきました。

ジャンルでいうと、書道ではなく、

パフォーミングアート。

ARTであり、空間やお客様すべてが作品。

Koki Sugita - 杉田廣貴

そうした考えをもとに、続けてきた大書揮毫。

今回の現代アートセンターでの演目は、

私にとって、とても重要でした。

「ART」という価値観の中でも、
現代アートは私の求める表現の未来でして、

古典から現代へ、そして未来へ。

なにかその、一歩をいただけた気がして、

ほんとうに幸せです。

Koki Sugita - 杉田廣貴

2015年10月30日

Dunedin Fine Art Center

Stroke of Genius

Artist : Koki Sugita / Glenn Grishkoff

Photo by : Mikell Herrick / Sharon Swallwood

KIMONO sponsored by : BITSUKESHI Hisayo Hamada

Organizer : Noriko Kuehn

Curator : Christine Renc-Carter

Glenn Grishkoff

Glenn Grishkoff

Glenn Grishkoff

Koki Sugita - 杉田廣貴

Koki Sugita - 杉田廣貴

Koki Sugita - 杉田廣貴

Koki Sugita - 杉田廣貴

杉田、グレン氏、それぞれで作品を制作。

そのあと、コラボで作品を制作。

Koki Sugita - Glenn Grishkoff

Koki Sugita - Glenn Grishkoff

Koki Sugita - Glenn Grishkoff

Koki Sugita - Glenn Grishkoff

Koki Sugita - Glenn Grishkoff

この時、実はすごく驚いたことがあって、

「命」という字が、頭にイメージが出てきていて、それについて書こう。

ただどうやって、コラボレーションをしたら良いか?

少しだけ考えていました。

そしたら、最初にグレン氏が描いた表現が、命の「叩」のようなアートワークでした。

それを観た瞬間、よし、思い切り線を描こうと、コラボの表現が完成しました。

国境をこえて、心や感覚が繋がるという体験ができました。

Koki Sugita - 杉田廣貴

今回の着物は、福岡を中心に活躍されている「美付師 濱田久代さん」からスタイリングと着物提供をいただきました。

新しい感覚で着物を着る、そんなよい体験ができました。

心より感謝いたします。

 
 

終了後、多くの方々が、涙ながらに感想を伝えに来て下さいました。

「感動した」「素晴らしかった」

ある方は、飛翔とかく前に、それを書くような感覚がしたと言われました。

ある方は、ボロボロと涙しながら、感動を伝えてくださいました。

国境をこえて、伝わる何か。

心は繋がっていて、私の表現がPEACEを生む事になるなら、

それが一番の幸せです。

今回は神社へのお籠もりや空海の教えなど、

一年かけて、自分自身を見直した期間でした。

おかげで、すばらしい答えがかえってきました。

今回のパフォーミングアートがキッカケで、

新しい都市や国からもオファーをいただいているようです。

さらに、心と身体、技を磨いて参ります。

アメリカでの滞在はまだ続きます。

引き続き、楽しんで参ります。

Koki Sugita - 杉田廣貴

すべてのサポートとバックアップとして立って下さった、
オーガナイザーの範子さん、
ダニーディン現代アートセンターのクリスティーンさんに、

心から感謝申し上げます。

杉田廣貴