鵜戸神宮

完璧でなくていい。

1年数ヶ月ぶりの宮崎の実家へ。 三日間だけ帰省してました。 鵜戸神宮へ行き、 青島を堪能。 思えば、10年近くぶりの鵜戸神宮でした。 運玉をなげてきました。 ここで毎年、剣道の試合をやってて、よく負け … 続きを読む 完璧でなくていい。

inochi sora

いのち

「いのち」 生きているってこと。 息をしてるってこと。 嬉しいときもあるさ。 悲しいときもあるさ。 頑張らなきゃいけない時もあれば、 がんばらなくていいよって時もある。 大好きな人もいれば、 大嫌いな … 続きを読む いのち

アートとは視覚的な幸福をもたら・・・

今日の読書。 Forbes JAPANの雑誌内にて、 アートのメガコレクターのハワードさんが取材されてた。 世界中のアートコレクターのトップクラス。 そんな彼への取材の中で、 とある1フレーズが気にな … 続きを読む アートとは視覚的な幸福をもたらすもの。

高野山 奥の院

高野山へ。

18、19日に、高野山へ行ってました。 仕事でも以前お世話になり、 仲良くしてくださってるサントゥーシャ・チカさんから高野山に行くけど、こうくんどう? とお誘いいただいて、 即OKしました。 といって … 続きを読む 高野山へ。

こがたかひろ マスク

陶芸家、古賀崇洋氏の個展へ。・・・

この写真だけ見たら、 彼が何者かわからないだろう。 陶芸家だ。 佐賀で陶芸を学び、 鹿児島の長島で陶芸を行なってきた。 つい最近、彼のふるさとである福岡に拠点を移したという。 古賀くん、現在29歳(2 … 続きを読む 陶芸家、古賀崇洋氏の個展へ。

大濠公園能楽堂 悪太郎 野村万作、萬斎

人間国宝 野村万作、野村萬斎さ・・・

人間国宝 野村万作先生と、 野村萬斎先生の狂言へ。 下関の「梵天」を経営するノマ企画の竹内さんよりご招待いただきました。 九州での野村先生方の舞台を企画されています。 一昨年、アメリカの範子キューンさ … 続きを読む 人間国宝 野村万作、野村萬斎さんの狂言へ。

書道家 杉田廣貴「光 2016」

価値を決めるのは、自分。

2016年までの活動を振り返りながら、 そろそろかと、 書道家や芸術家の「相場」 美術館が出した「文化的価値」 も参考に、 杉田の直筆作品の価値や、 プリントの作品価値、 また、その仕事スタイル自体も … 続きを読む 価値を決めるのは、自分。

Dot / 自然の中の、不自然・・・

自然に生まれたドット。 羅列。 不自然に並ぶが、これは自然なのか。 こうゆう偶然が好き。 偶然の産物は、 大切なヒント。

杉田廣貴パンフレット2017

【奉る】大書揮毫を始めて10年・・・

2017年の杉田廣貴パンフレットを作りながら、 ふと気づく。 2007年に始めた大書揮毫も、もう10年経つのかって。 あの頃、 滞在していた神社の宮司から、 「パフォーマンスをするな。奉る精神を大事に … 続きを読む 【奉る】大書揮毫を始めて10年か。

書道家 Artist 杉田廣貴

文字の大衆化(ポップ)

日本では、 文字自体が大衆化されて、 独自の文化を築いてる。 高尚なものだった文字。 やがて、大衆化され、 さまざまなフェーズを辿っているけれど、 戦後日本の文字の大衆化は、面白い。   & … 続きを読む 文字の大衆化(ポップ)

杉田廣貴 art 書道

次の杉田廣貴展は、「溢れるほど・・・

来年はそろそろ、杉田廣貴展やらないとなぁと思ってます。 杉田の力強い作品が好きな方々には意外な方向性ですが、 「文字のポップ」 ここが、活動当初から、一番表現したかった作品シリーズ。 ポップな作風は、 … 続きを読む 次の杉田廣貴展は、「溢れるほどの愛を」。

生け紙。

生け紙。 すべての物には生命が宿る。 日本文化に根付いてる、とても大切な価値観。 人間も自然の一部。 本当はみんな分かってる。 人工だと言って、 人を特別だと思うと、 本質から離れてくる。 いただきま … 続きを読む 生け紙。

書道家 杉田廣貴 芸術を志した理由

芸術を志した理由。

杉田が個人で表現したい芸術のテーゼは「和と現代(芸術)の融合」 なんですが、 それよりもっと別のところに芸術を志した理由があって、     難民や元兵士、元少年少女兵、貧困地域の子 … 続きを読む 芸術を志した理由。

落水洋介 PLS

難病でも「挑戦」する男に、ご支・・・

もし、あなたが、 数年後には身体が言うこと聞かなくなり、 言葉も発せない状態にいたり、 ついには、 「寝たきり」になる。 という病気にかかったら、どうしますか? 写真の彼は、 原発性側索硬化症(PLS … 続きを読む 難病でも「挑戦」する男に、ご支援を。

クラウドアトラス 映画

映画クラウドアトラス、終わった・・・

昨日、久しぶりに映画「クラウドアトラス」を見た。 2013年かな。前は。 映画館で見たぶり。 最初に見たときもそうだったけど、 終わったあと、なんとも言えない余韻が来る。 エンディングロールでウルウル … 続きを読む 映画クラウドアトラス、終わったあとの余韻に浸る。