生まれてくれて、ありがとう。

言葉ギフト 壁紙 誕生

いつもの文字の壁紙とは、

ちょっと思考が違います。

杉田が11年続けている言葉ギフト活動。

そこからピックアップした「言葉」をのせました。

大切な人へ贈ってほしくて、作りました

あなたの大切な人へ。

子供、ご両親や祖父母、もしかしたら、友人かもしれない。

友人に「子供にプレゼントしたら?」とメールするのもありです。

大切な人へ届きますように。

///

生まれてくれて、ありがとう。

私たちを選んでくれてありがとう。

あなたの幸せを

心から願っています。

///

ご両親からお子さんへ贈るために制作した言葉ですが、

つい最近、小さな女の子が、

おばあちゃんに対して、

「生まれてくれて、ありがとう!!!」

と言っていたのを見て、思いました。

年代や常識なんて関係なくって、

いつも誰もが、「生まれてくれて、ありがとう」なんだよなと。

だから、親から子へのシーンだけでなく、

あなたが大切だと想う人へ贈ってください(^^)

 
 

先日のブログ「いのち」に訃報を書いて間も無く、

今日も訃報が届きました。

1週間しないうちに。

いずれも女性でまだお若い方々でした。

「明日は、わからない。」

生きていくことは、死に向かうこと。

19歳の体験や、言葉ギフトで「生と死」と向き合ってきました。

「あの時、伝えておけばよかった。」を「伝えていてよかった」に変えたくて、

言葉ギフトを始めた時の気持ちを改めて思い返しました。

 
 

Calligraphy Wall Art
文字の壁紙について

会社の社訓依頼や、

著名ブランド、ホテルなどへ作品制作していると、

その会社、企業ともに創始者の思いなどに触れる機会をつくります。

どんな思いでその会社が成り立って行ったのか、

そこを味わった上で、作品づくりに励むのが、

杉田の制作方法。

その制作の度に、

経営者や成功者は言葉を大事にしてると感じる機会が多いです。

毎日観る社訓や言葉でモチベーションをあげたり、

自分を鼓舞してる。

そこで数年前から、

アナログだけじゃなく、

デジタルな環境でも、

言霊を味わう時間を提供したいなと思ってました。

また、

書道って、かっこいい、かわいい、おしゃれ。

そう思ってくれる人が増えたら嬉しい。

そこを入り口に書道教室に通う人が増えても面白いかなと。

(教室やってないですが(苦笑))

そんな思いから、

手元のウォールアートを始めました。

スマートフォンの壁紙にお使いください(^^)b

将来的には文字データの販売などを行ないます。

ある程度、ストックが溜まってからにはなりますが。

 
 

デジタルウォールアートは一部を無料に

ブログやSNSで不定期に更新していきます。

自分を鼓舞するものから、誰かに送りたくなるものまで、

かっこいいものから、かわいいものまで、

がんがん作っていきます。

また、自分へのメッセージが欲しい人へはオーダーメイドの受注を受けてもOKかなと考えてます。

これは言葉ギフト系のデザインで検討中。

一部をSNSで発表して無料保存できるようにします。

今回の「挑戦」も、

SNSから保存いただけます。

今後は、数を増やして杉田のオンラインギャラリーでダウンロード販売を行う計画です。

ご利用について

スマートフォンの壁紙としてご利用ください。

スマホやパソコンなどでの個人鑑賞用です。

用紙等への印刷は、ご遠慮ください。

携帯やスマートフォン、パソコンの壁紙に使用したい人は、

無料で携帯やスマートフォンに保存いただけます。

お友達にシェアするのもOKです。

データは
杉田廣貴フェイスブックページ
公式ツイッター
インスタグラム

でシェアしますので、

SNSから、スマホへ保存ください。

商用利用や印刷、原本の販売について

ただし、

写真や文字の「原本、複製や加工、印刷、文字データの商用利用」をご希望の方へは、

文字のデータ販売、またはプリント販売等で対応します。

文字の商用利用(商品やデザインコラボして販売)をお考えの方は、

販売もしくはインセンティブ契約なども承りますので、おっしゃってください。

Koki Sugita Officeへ、お問い合わせください。

ある程度、文字の数やお問い合わせが増えてきましたら、
オンラインギャラリー(ショップ)でも、データ販売の対応を検討いたします。

またそちらのサイトを完備しておりませんので、

現状は、お問い合わせにて、対応いたします。

今後の展開をお楽しみに(^^)b


杉田 廣貴
杉田 廣貴
Artist , 書道家

1983年3月生、宮崎市出身。福岡・太宰府市が制作拠点。作品発表の拠点はニューヨークを始め欧米で、近年はアジアにも赴く。「和」の精神性探求をベースに、書道や芸術に昇華する現代アーティスト。神社仏閣にてお籠り制作や奉納を行なうなど、「和」の探求も欠かさない。米国リーパラトナー美術館に3作品が永久収蔵。作品はヒルトンやカルティエ他でも採用。題字、ロゴ制作を始めとしたデザイン書道や、事務所や店内装飾の作品もオーダーで制作している。

>>記事一覧をみる / オンラインストア