日記

最期の一言。

海 最後の一言

(今日、記すことは、自分への記録のために)

昨日(6/22)、私を育ててくださった内の一人で、大切な方が旅立った。

 

たくさんの事を教わった。

1番印象として残っているのは、

何歳になっても、挑戦し、やり遂げる事ができるということ。

2番目は、

誰もがムリと思っても、自分が信じていれば、必ず出来るということ。

そして今日、

大往生とは、本気で生きてきた人の人生の最期を見せていただいた。

 
 

経営者としてもそうだけれど、人間として、一人の先輩として、心から尊敬し、力を下さいました。

70歳で大学に挑戦し、在学中に病が発症、1年の闘病後、それでも踏ん張り卒業した期間では、

何歳になっても挑戦し達成することの大切さを教わり、

当時の自分が挑戦しないことが恥ずかしく思え、自分を奮い立たせてくださる存在だった。

 
 

私がアメリカで個展をしている最中、

「もうダメかも知れない」という連絡をうけた。

それでも奇跡の回復をし、立ち上がるまでになり、家で生活できるようになった。

その理由が、「廣貴くんが頑張ってるんだから、負けちゃおれん」と言ってくださった事を聞いた。

純粋に嬉しく、頑張ろうと思えた。

その姿に、周りがムリ・ダメと思っても、本人が信じていれば、必ず現実を創れるという事を学んだ。

 
 

そして、今日。

最期に発した言葉は、

まわりの誰もが聴こえる大きな声で一言。

『ありがとうございました。』

だったそうだ。

最期は大好きな家でと心に決めていたそうで、本当に家の中で苦しむことなく、安らかに旅立ったと聞いた。

愛する人と、愛する家族と、ともに。

大往生だったと。

 
 

7月に会いに行く日程を決めていたので、

正直なところ、少しだけ寂しい。

色々とお伝えしたいことがあったのは確か。

たくさんの事を教えてくださった。

 

だけれど、そうした最期をお聞きして、清々しさが、心の中を駆け巡っている。

最期まで、私にもメッセージを残してくれたのだと感じている。

私も、大きな声で『ありがとうございました。』

そうやって、心から命から、誇れる一生を歩んでいく。

そんな事を改めて味わせていただいた。

もう、感謝しかない。

心に唱えている。

『ありがとうございました。』

 
 

自分の一生を誇りに感じ、感謝ができる毎日に、

今日からまた歩んでいこうと思えた大切な別れでした。

 
 

PS.
早いうちに、パリに行きます。

杉田廣貴

LANGUAGE

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    アート作品はこちら / オンラインストア