日記

我が道を、つらぬけ。

杉田廣貴

昨晩、ハワイで寿司店を20年近く営むオーナーが帰国しているとのことで挨拶をしにいってきました。

母の幼馴染で、

ハワイのお店の玄関には、私の作品を飾っていただいてます。

オーナーのご家族とは、私が生まれた時から家族のように良くして頂いていて、

自分は12歳くらいまで、その家族のことを血縁の家族だとずっと思ってたくらい、、

お世話になった方々のうちの一人です。

 

Sushi SASABUNE

検索したら、写真も出てくるかと思います。

 

昨晩、お酒をご一緒していて、オーナーが言っていた言葉を書き留めておきます。

====

我が道を、つらぬけ。

自分を信じて、我が道を、つらぬけ。

他がどうこうは関係ない。

常識がどうこうも関係ない。

廣貴(私)が、『これだ』と思う道を貫け。

それは、地道で大変だけれど、

一番、長く続いていく。

自分が『これがいい』と信じれる事を貫く。

====

 
 

当たり前のような事。

だけれど、今の自分には、すごく嬉しい言葉だった。

自分にはいい師匠達がいる。

それが本当に有難いと思った昨晩だった。

貫き続けよう。

常識がどうこう、形がどうこう関係ない。

これが、私だ。

と堂々と。

 
 

いい言葉をいただいた。

ありがとうございます。

杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア