日記

道は、一本じゃない。

ポートフォリオ

杉田廣貴としての今までの活動、

写真、コンセプト、経歴を掲載した冊子を制作した。

実物の到着は年末の28日や29日あたりになる。

 
 

国内外で自分と向き合い、

活動してきたこれまで。

作家としての目標があり、今はその道の途中。

幼い頃から書道をやってきたわけではない。

6歳からやっていたのは剣道だ。

そして22歳から独学で書をはじめたものだから、

最初のうちは何度もバカにされたし、やめろと罵倒された時もある。

ごもっともだ。

幼い頃からやっている方達からすれば、命ぐらい重いもの。

剣道をやっていたから、その重みは分かっていた。

1年2年で、重みのある作品を書けるなんて思ってなかった。

だから、この10年、徹底して自分の道を生きてきた。

自分は特異点でいい。

剣道をやっていた12年を否定できないし、

死別体験のあと、「自分を変えたい」ともがきまくった3年も否定できない。

独学から描き始めて、たくさんの書家や先輩方から学んできた過程も否定できない。

神社やお寺に籠って、先人の感覚を学んだ日々も否定できない。

 
 

10年のぜんぶ、32年のぜんぶが、自分の糧になってる。

その糧を表現にしているだけの事で、

無意味でムダであってもいい。

だけど、

100年や1000年単位でみたときに、

作品は「書道」になるかもしれない。

また、知らない誰かの心をうつかも知れない。

 
 

それを想像するだけでワクワクする。

だから、自分は特異点を生きてみて、

つづけた結果、

そうなったら、

この生き方も「道」だったんだという事になるはず。

 
 

と、なんだか色々と自分と振り返れた。

そんなこんなで新しいポートフォリオが完成。

アートワークもだけど、

クライアントワークも今までに増して活動していく事になりそう。

表現するのがすごく楽しみ(^^)//

これからも踏ん張って、

成長して、

杉田廣貴を楽しんで生きます(^^)//

いつも応援くださり、感謝いたします。

 
 

新しいポートフォリオに興味ある方は、

お問合せフォームからご連絡ください(^^)

作品の依頼や購入、ロゴや名刺・イベント題字などの書体データ依頼、大書揮毫。

その他の展開を準備していきます。

杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア