日記

文字がキッカケで出会う「縁」

「煌」2016 書道家 杉田廣貴
「煌」2016 ©Koki Sugita

今日はアトリエに訪問者。

以前もご紹介しました「小料理 大石」の杉田が書いた店舗ロゴ書体をみて、

わざわざ会いにお越し下さいました。

福岡薬院 小料理 大石 店舗ロゴ デザイン 書道
福岡薬院 小料理 大石©Koki Sugita

こうして文字が繋ぐ御縁というものを幾度となく経験してきました。

杉田が下積み時代に最もお世話になった経営者のMさんの言葉ですが、

杉田君にとって、「文字」が最高の営業マンなんだよ。

と言ってくださった事を思い出させてくれます。

生きた文字を書き続ける。

そのためには、自分が、

自分の人生と本気で向き合っていく事が必須。

いい言葉を思い出せ、制作が楽しみになりました。

これからも、表現するぞ〜〜。

杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア