こえ / Line of Life 吉増剛造 東京国立近代美術館

声 吉増剛造 東京国立近代美術館

日本を代表する詩人、

吉増剛造氏の作品展を見てきた。

東京国立近代美術館。

詩という概念よりも、声や物すべてに思いを宿したアートのように感じた。

訳が分からない人もいるだろう。

誰かを相手にしていない。

ただひたすら自身と向き合い、

言葉にしている気もする。

数十年、信念を生き続けたからこそ、

日本を代表する詩人と呼ばれるに至ってると感じた。

そこには生き様と、

これから向かう死に様も見えるように。

作品から

多くを学んだ。

勇気をいただいた。

詩人に近い活動が、原点にある私にとっては1つの表現のヒントをもらえた。

今後の、

言葉ギフトや表現の世界に活かしていこうと思う。

書道家 Artist 杉田廣貴


杉田 廣貴
杉田 廣貴
Artist , 書道家

1983年3月生、宮崎市出身。福岡・太宰府市が制作拠点。作品発表の拠点はニューヨークを始め欧米で、近年はアジアにも赴く。「和」の精神性探求をベースに、書道や芸術に昇華する現代アーティスト。神社仏閣にてお籠り制作や奉納を行なうなど、「和」の探求も欠かさない。米国リーパラトナー美術館に3作品が永久収蔵。作品はヒルトンやカルティエ他でも採用。題字、ロゴ制作を始めとしたデザイン書道や、事務所や店内装飾の作品もオーダーで制作している。

>>記事一覧をみる / オンラインストア