アートの時間

こえ / Line of Life 吉増剛造 東京国立近代美術館

声 吉増剛造 東京国立近代美術館

日本を代表する詩人、

吉増剛造氏の作品展を見てきた。

東京国立近代美術館。

詩という概念よりも、声や物すべてに思いを宿したアートのように感じた。

訳が分からない人もいるだろう。

誰かを相手にしていない。

ただひたすら自身と向き合い、

言葉にしている気もする。

数十年、信念を生き続けたからこそ、

日本を代表する詩人と呼ばれるに至ってると感じた。

そこには生き様と、

これから向かう死に様も見えるように。

作品から

多くを学んだ。

勇気をいただいた。

詩人に近い活動が、原点にある私にとっては1つの表現のヒントをもらえた。

今後の、

言葉ギフトや表現の世界に活かしていこうと思う。

書道家 Artist 杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア