日記

東京アメリカンクラブにて

東京アメリカンクラブ シャインオンキッズ

東京アメリカンクラブで開催された

シャインオンキッズのチャリティイベントに出演しました。

シャインオンキッズHP

オープニングアクトで、

株式会社EMKさんのサポートもあり、

ダンサーの門前さん(ニューヨークでご一緒した)と、Miwaさんが踊るなか、

舞台で文字を書くという演出でした。

杉田の大書揮毫は、

キレイに文字を書くということを考えていません。

それよりもライブの中でしか味わえない「命」を感じてもらうことを大切にしています。

書道パフォーマンスとしてではなく、

日本文化の概念を「書く」という動作にあらわした表現だと思って制作しています。

今回、参加されていたゲストの方々にも伝わった姿に少し安心。

東京アメリカンクラブ シャインオンキッズ 舞台で書いた作品

ただ、もう少し力強い字が書けていると思っていたので、

そこは反省材料。

作品自体はオークションにかけられ、ゲストの方が持ち帰られました。

また、別作品もチャリティに出していました。

東京アメリカンクラブ シャインオンキッズ オークション作品

杉田がよく扱っている久留米絣や博多織の額装作品。

「舞」という字で背景が博多織の作品にいたっては、

神社にお籠もりした際に制作した作品なので、

結構貴重で、出したくなかった一枚。

個人的に奮発(苦笑)

喜んでもらっていれば安心です。

社会に貢献できることも1つの目的なので、

こうして作品が何かに役立つことは1つの幸せです。

東京アメリカンクラブ シャインオンキッズ ネイル

パフォーマンスコラボということで、フットネイルしてもらいました。

数名の方が気付かれてました。

みんなよく見てるなと感動。

普段は、ちゃんと足袋をはいて行なう大書揮毫なので、

こうしたコラボで発見できることって沢山あります。

人生初のネイルで、

取り方が分からず、

そのままホテルの温泉に入ったら、

ちょっと、そっち系の人に間違われそうでソワソワしてしまいました(T~T)

しかし、なかなか出来ない体験に感謝です。

Artist / 書道家 杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア