日記

小学校での道徳授業。

太宰府天満宮 書家 書道家 デザイン書道 芸術家 杉田廣貴
©Koki Sugita 太宰府天満宮にて

先日、私が監修を務める「言葉ギフト事業」のブランド誕生秘話が、毎日新聞で掲載されました。
19歳の死別体験がきっかけで、もう二度と、「あの時、伝えておけば良かった。」って後悔はしたくないと心に決め、言葉で沢山の方々の幸せを繋げていきたい想いで、下積みからスタート。

去年、あるお客様から、葬儀中にお電話をいただき、「母に贈って良かった。」と涙ながらに御礼を下さいました。

その前から、ブランド化を考えてはいましたが、その時、受け継がれるギフトブランドを目指してゆこうと考えていました。

現在は、制作チーム・事業チームを創っている段階です。

その想いのストーリーを毎日新聞さんが掲載くださり、福岡の小学校の校長先生から【道徳の授業】で皆に話してくれないか?というお誘いを、今日いただきました。

しかし、これも一つのご縁ですので、チャレンジしてこようと思います。

今から楽しみ。

ちなみに、言葉ギフト.comではお祝い作品なども販売しております。

こちらもぜひ、よろしくお願い致します。

⇒言葉ギフト.comはコチラをクリック(^^)

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア