日記

花鳥風月という師

自然

自分にとって、メンターとは誰か?師匠とは誰か?

問われた時に、よく頭に浮かぶのは、自然。

そこに咲く花であり、鳥の羽ばたき方だったり、月の穏やかさであったり、太陽の輝きであったり、土の温かさであったり、木々の美しさであったり。

一番大好きなのは、風。

甲乙つけちゃいけないんだろうけど、

なんだか、いつも風が好き。

風の文字の中は、龍と言われていて、龍が翔ている様を風と呼んだという言い伝えを、すごく信じていて。

風が吹くときに、龍と会話しているような感覚になる。

そんなように思うのは、自分が書で描きたいものが、自然の線だからかも知れない。

どんな先人の作品を観ても、ピンとこない時があって、川の流れや、風の動きを観ているとピンと来る時がある。

自分がずっと描こうとしているものは、そこに在る線。

無垢であり、時に極まりないほどの畏れであり。

彼らの事を見失った作品もいっぱいある。

今回のNYへ向けた制作でも、そう感じる作品がある。

一体になる事を忘れてはいけないと、気付かされる。

エージェントがいたり、企業スポンサーがついたり、プロデュースが入ったり、色んな人が自分に意見してくる事で、
久しぶりに混乱してしまい、体調を崩してしまった。

色んな人の視点があっていいと思うが、

創るのは、あくまで自分である。

何を大切にし、何を表現しようとしているのか。

ちゃんと理解していたつもりだったが、、、。

今日、風を聴きながら、思い出した。そしてパワーも出てきた。

誰がいようと、来ようと、杉田はここに在れという試練なのだろう。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア