アートの時間

洗練された美には、基礎と技術がいる。

書道 花海

15日の夜、

アメリカのオーガナイザーとしてご協力くださっている範子さんが、娘さんと、

アメリカから一時帰国されていましたので、

北九州で食事へ(^^)

そこで、

今年頭に行った「万作の会」で初見した曾我さんとも再会!

(参考:日記/人間国宝 野村万作、野村萬斎さんの狂言へ。

ほんと有意義な時間でした。

範子さんは、アメリカの家族のように応援してくださっていて、

彼女がいなかったら美術館への永久収蔵もありえなかったです。

来年、アメリカで美術館で現地アーティストとのジョイントの話をいただきました。

今から本気で作品づくりに励まねば!!

 
 

洗練された美は、基礎と技術で作れる。

再会した曾我さんは、

範子さんの古くから家族ぐるみでのお付き合いされていて、

以前から話は伺っていました。

ディスプレイのデザインを数十年、数多く手がけてこられた方です。

福岡の人なら「知ってる知ってる〜」ていう、とある百貨店の広場のディスプレイも手がけていました。

全国でもものすごく著名なデザイナーさんともお仕事されたり、

先日はエチオピアへも行かれたりと、世界で活躍されています。

祖父が建築家ということもあり、

以前から「空間」に対して学びたいことがたくさんありました。

前々から聞きたかったことをお聞きしたら、

親身になって多くをお教えくださいました(T~T)

いやもう、本当に有り難いです。

これまで手掛けられたデザインの写真や、

数多くのブランドの空間ディスプレイを見せてくださり、

すべてに「理論」「技術」「基礎」があるということ。

共通点がしっかりあること。

を、分かりやすく教えてくださいました。

いやもう、それが感動で、感動で。

COACHやエルメスの店のディスプレイなども見せてくださり、知識が深まりました。

書道でいうと、楷書がなぜ美しいのかの理論と技術を知れる感じです。

 

書道やアート作品の空間のとりかたや、

今後の展示会やギャラリーでの空間の作り方が重要と感じていたので、

来月にマンツーマンで教わることにしました。

勝手に心の中で「師匠」と言ってます(=^^=)

しっかり体得して、

より洗練された作品づくりや展示会、またその先の展開ができるように、成長してきます。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア