おすすめ情報

長崎へ、新プロジェクトと原点回帰。

長崎へ

この写真の場所。

長崎の浜の町アーケード。

ここで2006年後半〜2007年1月まで路上パフォーマンスしてました。

今も変わらずあるのは嬉しい。

気持ちの原点回帰が出来た。

当時はまだ言葉ギフトの原型を制作してて、がんばってた。

どちらかというと、詩人で、まだアートとは何かすら分かってなかった。

2006年6月くらいに、旅人をしてた時期に長崎にきて路上に出た。

そこでインディーズアートクラブ&ギャラリーのオーナーに声をかけてもらった。

「君、いいテンポで線を書くね。」

と言われたのが嬉しく、その後ギャラリーへお邪魔して個展をさせてもらうことが決まる。

2007年3月に初個展のスケジュールが決まり、

迷ったあげく、11月末に長崎へ引っ越す。

いや引っ越すという言葉はおかしい。

当時の杉田には家はない(笑)

2007年3月の個展で成功しなかったら、この仕事をやめよう。

実は、心にそんな賭けをして長崎へ移動した。

インディーズアートクラブ&ギャラリー

インディーズアートクラブ&ギャラリー2

長崎を拠点にしてからは必死だったなぁ。

路上に出て、とにかく書いて。

ほとんど知っている人がいない上、

なんと長崎に到着してすぐ携帯電話を盗まれてしまい、、、人脈を絶てというメッセージだろうと自分に言い聞かせ、とにかく「今から出合う人たちは、自分の人生に必要な人達」とセットアップした。

そのおかげか、出合う人出会う人、運命のような繋がりばかりだった。

3月の個展を成功させるために、

2007年の1月にはテレビに出演した。

「路上から世界へ」という特集で、ニュースに出たことで長崎でまず話題となり、すごく良かったってことで、

それが九州で放映された。

(このテレビのタイトルのおかげで、世界へ行かなくちゃと思うようになったのは、秘密(笑))

そしたら翌日、トップの写真の銀行前に大行列!!

 

テレビ、すげぇーー!!!

と感動!

それもつかの間、道端に広げようとしたら警察と商店街の方々がやってきて「ここで商業活動はやめて」と、、、。

いやそうだよね、、その行列がすごいのなんの。

結構長くって、アーケード内のお店の前まで続いてたから迷惑極まりない。

ほんと、ごめんなさい。と並んで下さった皆様に謝り、、

それが杉田の路上活動最後の日(汗)

路上を急遽卒業させられた杉田は、また必死。

どうやって3月の個展を宣伝しようかとイベントやら、ラジオやら、とにかくチャレンジ。

そして1ヶ月半後の初個展には、ものすごい量の方々がお越し下さり、大盛況。

テレビの取材やラジオの取材も多く来て、

この仕事続けていいんだと安心(T~T)

でも、個展終了間際に、

ギャラリーのオーナーから言われた言葉が心に残る。

杉田くん、正統派であろうね。

時間はかかるけれど、地道な活動のほうが大事だよ。

その言葉でハッとして方向転換。

それから実力がつくまでは、こうゆうやり方で個展を宣伝するのはやめようと決めました。

自分の世界観と向かい合っていこう。

それからは本当に地道(笑)

自己成長と葛藤の毎日。

でも、それがあったから、今こうして海外での活動も地に足をつけて出来てる。

 
 

夢を与える

インディーズアートクラブ&ギャラリー4

インディーズアートクラブ&ギャラリー3

久しぶりに訪れたインディーズアートクラブ&ギャラリーは変わらず、ぶっ飛んでいた。

ナマズすらアートに見える錯覚(汗)

杉田が現代アートに衝撃をうけた一番最初の場所。

こことの出会いがなければ、ニューヨークにすら行ってない。

現在、生徒として教室に通っている高校生に話をしてと言ってもらい、その場で軽いトークライブになった(笑)

「夢を与える立場」

なんだなと少しだけ理解した。

目指しているのは世界的に最も尊敬されるアーティストの一人になることだから、まだまだ。

けれど、これから頑張ろうとしている方々への勇気になるんだと感じ、気を引き締めていこうと感じた。

成長すること、活躍することがギャラリーや応援くださっている方々への恩返しになる。

もっと高みを目指していこう。

そして、ちゃんとサインくらいは書けるようにならないと、そろそろヤバい気がしてきた(苦笑)

新プロジェクトのための会議

まだブログには詳細を書けないけど、面白いプロジェクトを作ってる。

先日話した「準備はじめ」の事。

その他の打合せもかねて長崎へ来てた。

杉田や言葉ギフト、あんてなの今後の方向性も一緒に話し合い。

いい会議となった。

とりあえず、言葉ギフト.comの書き手は8月までに卒業する。

新プロジェクトについては、もう少し先にお伝えします。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア