出会い、再会、人

”初体験”をする大切さ。

禿 書道

人生において、

初体験はいつでもドキドキする。

緊張がないといえば、嘘になるが、

緊張よりも、初体験は、いつもワクワクが勝ってしまう。

そして、初体験は脳の刺激になって、人を若くする。

もし長生きがしたいなら、

いつも若々しくいたいなら、

毎日に新しい体験を増やすことだ。

その点、杉田は常に新しい体験と発見の連続で、

いつまで経っても、大人になれない。

そもそも、会社で働いた事も属した事もないから、社会人にすらなれてない。

「社会人」というワードを言うとき、いつも躊躇している。

話は逸れたが、

初体験は、誰にとっても、大事だ。

もしアナタが人生を面白くしたいなら、ルーティンにはまったロボットのような人生を贈るのでなくて、

日常の中で、「非日常を発見する力」を磨くことが大事だ。

そう、私たちは、頭の中で、勝手にルーティンだと思ってしまっているだけで、

今日の雲の形も、空の色も、太陽の輝きも、風が吹く方向も、この空気も、物の位置も、人と話す内容も、

すべて違うのだ。

それに気付けたら、今日この瞬間が、まったく新しく、鮮やかで美しいものに変わるはずだ!

そんな杉田も、毎日が新しい。

この1週間は、「禿(はげ)」という字を何度も書いた。

禿

マジメな仕事だ。

ニューヨーク初個展の時に出会った友達が会社をしてて、依頼された案件。

店舗の文字の一部なんだが、

ずっとマジメに書いていた。

書いて、書いて、書き続けて、100枚をゆうに越えようとしたとき、

そう、頭の中で歌が流れてきたのだ。

Wow,ファンタスティック・ゲーハー

マジメな仕事なのに、時々、笑ってしまう。

だけど、私はマジメに書いたのだ。

禿

ペっぺっぺ!

と歌い声が、頭に焼き付いていく。

ただひたすら書いて、和紙を置いていく。

そのリピートを繰り返し、

イメージに合う文字を書き上げ、

終わったー!!と、

後ろを観た時、愕然とした。

自分が書いた「禿」たちが散らかっている光景。

そこで気付いたのだ。杉田は。

「こんなにハゲ散らかしたの、初めて!!」

そう、前半で語った「初体験」。

マジメに書いてた私は、

子供に戻ったかのように、

「Wow!ファンタスティック・ゲーハー!」

と叫んでしまった。。(T~T)

禿の文字たちに愛着があるので、

「この、ハゲー!!」

とは一切出てこなかった。

禿げ散らかすの語源は、ここにあった。

きっと昔の書家が、散らかしたことがあるのだろう。

この言葉を作った人の気持ちに気付けた初体験でもある。

 
 

おそらくロゴに決まるのは、1/100であり、どの1枚が選ばれるか分からない。

書いた文字たちは捨てないので、100枚ほどの「禿」が残る。

かっこいい禿ばかりだ。

今、杉田のアトリエに、かっこいい禿たちがいっぱいいる。

とてもファンタスティックなゲーハー達だ。

それと同様に、

世の中には、かっこいい禿がいっぱいいる。

とてもファンタスティックなゲーハーの方々だ。

 
 

大切なことに気付いた、初体験。

そして、初体験の大切さを思い出した、機会。

ほんとうにありがとう。

人生は、感動に包まれている。

今日も、感動中毒していこう。

あなたの人生の歓びは、あなたが見つけるのだ。

ファンタスティックにゲーハーしていこう。

 
 

このあと、前に記事を書いた株式会社yuhakuさんの企業理念の最終仕上げと、

イギリスからの大作依頼分を制作。

著名ブランドのクライアントから、杉田の文字が欲しいとオファーがあった。

これもまた初体験。

どんな発見があるか!

楽しみだ。

その話は、またいつか書く機会があれば書こう。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア