出会い、再会、人

鮨 石橋正和さんへ

杉田が屋号を担当した

鮨 石橋正和

へご挨拶に行ってきました。(2018/2/2)

ウェブからオファーをいただき、

思いのやり取りは行なってましたが、

実際にお会いするのは、

今回が初めてでした。

杉田廣貴のこれまで書いてきた屋号や、ウェブサイトを見て、

杉田に文字をと選んでいただきました(´;Д;`)

杉田の文字がいいと選んでもらえる事が、杉田にとって至福です…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

書いた文字も喜んでいただけ、

来るお客様にも内装業者の皆様にも好評とのことで、嬉しすぎました。

石橋さんの握る手には、

優しさ

が込められてるようにも感じました。

一食一食、食べる度に無言になってしまう。

口の中でとろける。

絶品でした。

ミシュラン2つ星など、

何度も得てきた石橋さん。

素晴らしかったです。

ご一緒してくれた加藤さんや岩立さんにも感謝(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

岩立さんは、元気が出るテレビなどの放送作家としても活躍し、今は踊るさんま御殿の制作会社の代表をされてます。

加藤さんの紹介でしたが、岩立さんとの話がまた刺激や為になる事ばかりで…!

その内容は、後日記します。

ほんと、ありがたい御縁。

ロゴをお書きできた事に感謝です。

銀座へお越しの際は、ご予約の上、皆様もぜひ行かれてください!

とろけます。

鮨 石橋正和 屋号 ロゴ

ホームページはこちら!

http://masa-ishibashi.com

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア