日記

作品到着〜和室打合せ〜街探索

ニューヨーク グローバス和室 書道家 杉田廣貴
©Koki Sugita / ニューヨーク

11/29の昨日は、朝から作品がコンテナで届くと言う事で、エージェントの徳永氏と、J-COLLABOの方々と一緒に搬入を行ないました。
畳作品は、50枚から60枚あり、筆なども輸送しているため、相当なボックスに入ってきて、自分も驚きましたが、

皆さんのおかげで無事、搬入が終了。

そして、そのまま急いでユニオンスクエア駅近くにある和室ギャラリー「Globus Washitsu」へ。

着いて早々、感動。

NYC、マンハッタンのど真ん中にこんなスペシャルな空間を創るのかと、感動。

もともと、資産家であり、投資家であるGlobus氏が好きだから創ったという和室ギャラリー&宿泊場は、すごいクオリティでした。

ここで宿泊と、12/4のVIP PARTYでの展示&書と三味線のコラボライブを行ないます。

ここでは、私の最も愛している作品達であり、特別な意味をもつ神社の”麻”で書いた作品を主に、畳作品も展示いたします。

魂や鼓動など、出会いと経験の中で生まれた最高の作品たち。

私にとって、表現者の原点となった”日本の心”を表す作品達になっています。

ぜひ、お楽しみに。

Globus Washitsu Facebook Pageに「いいね!」を♬

打合せ終了後は、ユニオンスクエア駅の周辺を探索。

これまたクリエイティブな発想をもらえた時間でした。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア