おすすめ情報

住吉神社へ、10年ぶりの参拝。

久しぶりの住吉神社。

思えば、ちゃんと参拝にきたのは10年ぶり。

打合せの帰り道、一人で歩きながら、考え事してて、住吉神社が見えてきたから参拝に。

10年前の4月に、福岡に住み始めて、初めての仕事が、ここの能楽殿であったイベントだった。

そのイベントで出会いがあり、

北九州の方々のイベントに呼ばれるようになり、この仕事でなんとか生計を立てながら下積みをした。

少しずつ力をつけて、5年前から海外でもチャレンジし今に至る。

この10年、ほんと色んな成長の舞台があった。

路上の頃から考えたら、もっとある。

10年前の自分とは、大きく変化した自分がいる。

今も、さらに新しいステージに杉田を向かわせるかのような事がやってきていて、

奮起するように、仕事をしてる。

その報告をした。

これから、さらに杉田廣貴を生きる。

目標としていた事をクリアしながら、

一歩前に進むんだと、

心を燃やす。

思う存分、精進しよう。

そしてまた、報告しにこよう。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア