日記

グッゲンハイム美術館

christopher wool

NYCでは殆どプライベートがなく、観光という観光をしなかったような気がします。

美術館もMoMAと、このグッゲンハイムだけ。。

今年のNYCでは、もっと行きたいと思っています。

ギャラリーオーナーの下田さんから、杉田さんは、クリストファー・ウールの作品を観るといいとアドバイスをいただき、NYC滞在の最後のほうでゆっくり見に行く時間を創りました。

感想は「行って良かった。」

私が表現したいものに近い何かが、彼の表現の中にあり、感動しっぱなしでした。

私が確実に影響をいただいた作家の一人になったのは間違いないです。

このフィーリングを含め、NYC滞在中、夢などにも出てきた将来の作品たち。

彼らを形にするために、一歩を踏んでゆこうと思っています。

クリストファーウール

グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア