とても大切な体験をしてきました。

対話

さて、何から書きましょう。

10/3、午前3:33に集合し、

ある寺で、行をしてきました。

普段の書の制作お籠りではなく、

かなり本気のお籠り。

キッカケは、9月前半にサントゥーシャ・チカさんに再会。

杉田の好きな弘法大師(空海)ゆかりの寺で、一度しっかり行をしよっかという話になり決まりました。

このために、チカさんが場を整えてくださり、一緒に話していた久美さんがサポートに入ってくださいました。

チカさんの対応で、住職にも真夜中に本堂をあけていただき、、、行をしてきました。

 
 

記憶

月 星 光

太陽 聖地

鴉

多分、写真を見たら、

杉田が何を味わってきたのか?

分かる人には分かるはず。

生命の記憶

太陽

月が見守る

感覚が還ってきて、

大切な言葉を思い出し、

計り知れない愛を体感した。

 
 

私達は、どこかで「私」という個にこだわり生きている。

いつの間にか、世界を「点」でしか見れなくなっている。

 
 

I am us.(私は、私達)

時間という軸。

物質という軸。

世界という軸。

宇宙という軸。

次元という軸。

すべての軸へと広がっていくものを、今は愛と呼ぶ。

きっと昔は、それを「和」と呼んだのだろう。

ほんとうの愛は、宇宙すら小さく見えるほど大きかった。

 
 

そして、私達の体は有限に見えるようで、無限に続いている。

記憶を次に繋いでいきながら、新しい命に紡ぐ。

 
 

ぼんやりと

お二方のおかげで、

大切にしていた言葉や感覚を思い出した。

なんで弘法大師が好きなのかもハッキリする体験だった。

 
 

私はアーティストになりたかったわけでも、

書道家になりたかったわけでも、

経営者になりたかったわけでもない。

ただ一つ、

あの「言葉」を実現するために、

生きているだけだった。

 
 

とても大切な自分に気付けた。

支えてくれた全ての人に、感謝。

 
 

行が終わり、外に出て、空を見上げた。

空には、無数の光。

瞬くもの、動くもの、

あんなの初めて観た。

不思議だけど、リアルな話。

色んな存在が自分を応援してくれてるんだと思うと、翌日に感極まった。

 
 

生きよう。

 
 

生きよう。


    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    Artist , 書家

    1983年宮崎県生まれ。鹿児島大学で電気電子工学を学ぶ。在学中に書と出会い、「和」の探究へと導かれる。福岡を拠点に国内外で活躍。2017年にNYCでメトロポリタン・エンパイア賞を受賞。ヒルトン、ヴァンクリーフ・アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。また経営理念・ロゴ・ギフトも制作しており、yuhakuやカルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用されている。

    >>記事一覧をみる / オンラインストア