美しい命の旅

ずっと、

あるロゴ書体と向き合ってる。

何日も何十枚も。

今回の案件は、

人生を多く生きてきた人が主役の内容だからか、表現するまで時間かかってる。

亡くなった人を想う音楽を背景に、死を見つめて、心を鎮める。

もし死を準備するなら、何を書くのだろう。

問いかけて、私を見つめる。

そんな時に、この夕日。

きっと、

最期まで楽しもうと生きるんだろう。

最期まで愛そう

と、生きるんだろう。

ふぅ、書けそうな気がしてきた。


    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    Artist , 書家

    1983年宮崎県生まれ。鹿児島大学で電気電子工学を学ぶ。在学中に書と出会い、「和」の探究へと導かれる。福岡を拠点に国内外で活躍。2017年にNYCでメトロポリタン・エンパイア賞を受賞。ヒルトン、ヴァンクリーフ・アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。また経営理念・ロゴ・ギフトも制作しており、yuhakuやカルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用されている。

    >>記事一覧をみる / オンラインストア