お知らせ

江ノ島神社へ。額装作品の奉納。

書道 江ノ島神社 奉納

2016年3月14日に、

江ノ島神社にて実演奉納しました「龍」5枚のうち1枚を、

実際に額装しました。

先週、

江ノ島神社へ納めることが出来ました。

 

奉納という感覚を通して、

感性を磨き、未来へ作品を紡ぐというのが、

自分がやりたい事なんだなとも感じられました。

 
 

先人の感性を「体感」する旅

十年、百年、千年と、続いていく歴史ある場に納められた事で、

現代の文化として「形」を残す行為も意義を感じますし。

お籠もりや、こうした奉納という事自体、

空海や良寛氏がお籠もりをして書き続けた時の感覚や、

その他の先人の書家が、
自分磨きの中で磨いてきた感覚を知るためにも重要な役割になってます。

教室で習うのとは一味違う。

彼らの生き方を観る時間。

神社・仏閣に奉納しているので「宗教性」を思う人が多いんですが、

私はそこを思って奉納しているわけではないです。

先人の生き方で味わった「体感」を味わう事で、

彼らの「生き方」と向き合えるんじゃないかと思ってます。

そして、その繰り返しが、

今後の「作品」にも出てくると思っています。

深み。

それはきっと、こうした繰り返しの中で築き上げていけるんじゃないかと仮定して、

これからも続けていきます。

今回の御縁を繋げて下さった皆様。

ご協賛、限定作品購入をくださった皆様のおかげで、

無事に納めることが出来ました。

心から感謝申しあげます!

奉納した「龍」作品のハガキサイズ購入について

この「龍」作品について、

奉納記念作品や限定作品は完売しております。

写真の「龍」をハガキサイズに印刷したタイプでは、

今後もご購入いただけます。

下記リンク内の

ご協賛の参道コース、弥栄コースよりご購入いただけます。

お申込の際、

「龍」のポストカード希望

要望欄、もしくはその他欄にご記入ください。

https://store.kokisugita.com/dedication-works/

皆様のご支援、ご協力に心から感謝をこめて、

御礼申し上げます。

書道家/Artist 杉田廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア