お知らせ

復興かわはらまつりin熊本県西原村(2017.8.26)

南阿蘇

熊本県西原村にて行われる地域のお祭り

「復興かわはらまつり」

昨年の熊本地震にて、地域の方々の有志で始まったお祭りです。

今年が2回めとのこと。

2017.8.26に開催されます。

時間は、16:00-21:00まで行われまして、その中の一部で行ないます。

 

そのお祭りの一部で、杉田と現地の方々とのアートプログラムを行ないます。

一般の方々も参加できるそうでして、お祭りがてらお越しください(^^)

「望む未来」を書き出す

最初に大書揮毫を行ないますが、それは一つのインパクト。

その後、作品の中に、

現地の子どもたちや大人の皆様にも「夢や目標」を書いてもらうの主体のアートプログラムになります。

書くことは無意味と思う方々もいるかもしれません。

でも、「目標」や「夢」、「望む未来」を持つことで、人や街、会社は盛り上がります。

これまで海外でも、日本でも、様々な方々にあってきましたが、

目標を達成している人のほとんどは、自分の夢(志)が明確です。

そして、その目標を言葉にするクセがあります。

先日、ヒルトン企業からのご依頼では創始者の名言を書いたのですが、

「大きなことを成し遂げたければ、大きな夢を抱け。」

という言葉でした。

 

杉田の場合は、最初は「夢」だったものが、今は「志」になってます。

きっと憧れから始まったり、遠き世界の話だったものでも、

それを「夢」として目標に立てて、実現していくごとに進化していく。

やがて「自分の心と一体」=「志」という言葉がしっくりくるようになりました。

 

誰かが否定しそうなものでもいい。

本当にやりたかったり、いつか行ってみたい世界なら、

「夢」として掲げていいんだと、

今の自分は、そう感じます。

そんな思いで、

まずは大書揮毫で、祈りを、熊本のこれからの復興を文字霊にこめて書き上げます。

そしてみんなの「これから」を書いていってもらいます。

楽しみ(^0^)

熊本九州おやじ応援隊の皆様からのオファー

このオファーは、

先日のブログで紹介した「熊本九州おやじ応援隊」の方々より。

社会的なアート活動は、これまでも行なってきましたが、

熊本地震後の地元の方々と関われる事は、とても光栄です。

お近くの方は、ぜひ。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア