おすすめ情報

平和の祈りを、書道に。(福岡縣護国神社にて)

書道家 平和

平和。

書く直前、御神前(御英霊)と向き合うと涙が込み上げてきました。

やっと、、この字を書けた。

大それた世界の平和の文字ではない。

「家族や友、愛する人の平和を祈る。」

そんなメッセージとともに、感情が心に入ってくると涙が溢れてきたので、目を閉じて、

その涙を、筆と墨に込めました。

御神事後、福岡縣護国神社にそのまま奉納いたしました。

額装は神社で施してくださるとのこと。ありがたい(T_T)

Peace.
I wrote at Fukuoka Gokoku Shrine.
This is dedication works by sugita.
平和 = Peace.
This kanji means “Harmony” in Japan.
I pray harmony of nature, harmony of ancestor, harmony of everyone’s life.
Yesterday is International peace day.
I wish harmony of your life, your family, your friends, your lover.
Peace stay beside of you.

福岡縣護国神社 奉納揮毫

以和為貴 書道家

福岡縣護国神社 奉納作品

平和を書く前に、込み上げてきた感情

書道家 平和を書く

この写真の時、腹の底から「涙」が込み上げてきました。

御神前に意識を向けてた時、溢れんばかりの感情が出てきて、

目を閉じて、それを抑える(笑)

目を開けてたら、泣くww

ふぅーーーっと心を落ち着けて、

その涙の分、「墨」をつけて、平和の字を書き上げました。

その続きがありました

翌日、たまたま「ひよっこ」がテレビで流れてて、和久井映見さんが戦争で亡くなった、かつての愛する人の話をしてました。

その内容がまた、奉納の時の感情とリンク。

それから抑えてた涙が止まらない(T~T)

久しぶりに声をあげて鳴いた。

彼らの「痛み」とリンクしていたんだと思う。

きっとアナタの心にも、アナタの子や孫の世代まで「痛み」は続く。

戦争とは、そういうものだ。

平和の文字に込めた思いが、新聞に掲載

西日本新聞 福岡版に掲載

「世界平和」でなく、「平和」とした思いが綴られました。

福岡縣護国神社には、英霊の遺書がある

福岡縣護国神社の宮司と

福岡縣護国神社には、

特攻で亡くなられた英霊も多く、遺書が展示されています。

福岡の方は、よく知覧まで行って彼らの遺書を読みますが、市街地内にそうした歴史を振り返る環境がありますので、ぜひ行ってみてはどうでしょうか?

福岡縣護国神社

福岡縣護国神社
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松1-1-1
http://fukuoka-gokoku.jp/

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア