お知らせ

書道パフォーマンスをする、映像プロジェクト「THE TANGENT WALK」をYouTubeにアップしました。

こんにちは、杉田です。

先日から自然の映像ばかり上げておりましたが、

この度、準備しておりました映像をYouTubeに公開しました。

書道パフォーマンスという言葉を使っていますが、

 
 

THE TANGENT WALK

 
 

というコンセプトのアートワークになります。

あまり、説明してもしょうがないので、感じるままに見てください^^

その後に、下記をお読みください^^

 
 

THE TANGENT WALKについて

タンジェントとは、接点。ただ触れているだけの状態。

ここの意味があるのか、ないのか。

書道パフォーマンスがある必要があるのか、ないのか。

そうしたことが重要ではなくて、

曲線と直線の合わさるところを歩いていくことが、今回の映像プロジェクトの大切なコンセプトになります。

全く違う二つの要素が触れる。

そこにある妙な違和感と、妙な気持ちよさ。

を表していければと思い、映像にしています。

 
 

撮影は、写真家の富永秀和さん

今回のTHE TANGENT WALKは、

写真家の富永秀和さんとの共同制作になります。

とみなが屋HP

杉田のプロフィール写真など、撮影くださっている写真家です。

今後も、定期的に撮影を進めて参ります。

何卒、よろしくお願いいたします。

撮影場所を提供くださる方も募集しております

THE TANGENT WALKでは、

パフォーマンスをさせてくださる場所を提供くださる方を募集しています。

今はコロナ自粛の時期でもありますので、人との接触しない環境、移動中にも出会わない場所で撮影を行います。

しかし、今後は、様々な場で書き上げることが出来ればと考えております。

●表現をしたい場

オフィス
家や、ビルなどの屋上
畑の中
田舎道
神社の境内、もしくは敷地内
日本庭園
観光地
日本家屋
阿蘇などの自然の中



人混み
街中

など。

いいよって言ってくださる方、

より、ご連絡よろしくお願いいたします。

LANGUAGE

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    アート作品はこちら / オンラインストア