プロフィール

Artist,書道家 杉田廣貴 写真

書家/ Artist, Calligrapher

杉田 廣貴/ KOKI SUGITA

b.1983,Japan
currently resides in Fukuoka

Japanese
https://kokisugita.com/

English
https://kokisugita.com/english/

■ 電子パンフレット

 
 
 

プロフィール

  • 観世音寺、実演奉納
  • ■ 学歴

    鹿児島大学工学部電気電子工学科卒,2006

    ■ 略歴

    1983年宮崎県生まれ。鹿児島大学で電気電子工学を学ぶ。在学中に書と出会い、「和」の探究へと導かれる。福岡を拠点に国内外で活躍。2017年にNYCでメトロポリタン・エンパイア賞を受賞。ヒルトン、ヴァンクリーフ・アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。また経営理念・ロゴ・ギフトも制作しており、yuhakuやカルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用されている。

    ■ 受賞歴

    メトロポリタン・エンパイア賞(アメリカ)

    ■ コレクション

    ヒルトン・ワールドワイド(東京)
    ヴァンクリーフ・アーペル(イギリス)
    リーパラトナー美術館(アメリカ)
    江ノ島神社(神奈川)
    観世音寺(福岡)
    福岡縣護国神社(福岡)

    その他、国内外の個人コレクター、企業へ収めています。
     
     

     
     

    杉田廣貴の背景

    人生を表現する

    生きて

    生きて

    生きてやる

     
     

    背景

  • 書道パフォーマンス 拍手
  • 書は、22歳より独学で始める。

    文字を書く事が、一番苦手だった。

     
     

    19歳の時、2人の死を味わった事をキッカケに「生きること」と「自分を変えること」に集中し続けた。

    その過程で出会ったのが、「書」だった。

    6歳から18歳まで続けた剣道の教えがベースとなった。

    道の一環だった。

    そのため、書道教室で学ぶ書道とは違い、精神性向上と体験学習を重要視した。

    書家の中でも自身が魅了される先人の歴史や生き方を学び、

    彼らが生きた土地へ赴くこともあれば、

    同じように、神社仏閣にてお籠り制作や奉納を行なうなどして、

    独自の方法で作品と向き合っている。

     

    全身全霊の、書道家

  • 杉田廣貴について
  • 杉田の代表格となっている大書揮毫(書道パフォーマンス)は、

    「和」を表現する、シンプルな書道パフォーマンス。

    人種を越えて、「Amazing!」と評価されている。

    海外に住む日本人からは「日本人でよかった」という声があがる。

    その表現は、一つの価値観を基軸としている。

    祈り、奉る

    2007年に和の探求のために滞在した神社の宮司から教わった「和の哲学」だ。

    この哲学が、杉田の書道の根幹となっている。

     
     

    世界的に作品を収める

  • 書道 阿吽
  • 杉田の表現が、さらなる転機を迎えたのは2013年。

    ニューヨークを始め、在アメリカ日本国大使館や現地大学で個展活動をスタート。

    そこを起点に活動が世界へと向かう。

    作品は、アメリカだけでなく、ヨーロッパやアジアにも届けられている。

    米国美術館へも作品が収蔵され、

    ゴッホやピカソなど、名だたる芸術家とともに展示されている。

    また、ヒルトンやヴァンクリーフアーペルなどの企業へも作品がコレクションされるなど活躍は今も広がっている。

     
     

    世界を、和える

  • 火
  • これまで日本文化的な「和」の探求を続けてきた杉田だが、

    国内外での活動や出会いを通して、

    長い歴史で、文化は世界をめぐり、ミックスされながら成長してきたことが腑に落ちた。

    自身もジャクソン・ポロックやアンディ・ウォーホル、モネなど、世界各地の美術やデザインに影響を受けている。

     

    文化は、世界を巡る

     

    日本伝統・文化で固めるのでなく、グローバルとローカルがミックスする現代に出来る「和」の在り方を考えるように。

    改めて、自分が選ぶ媒体を見直した。

    現在は、「世界を、和える」をステートメントとし、

    さまざまな媒体で表現を始めている。

     
     

    作品を観た方々の声

    • 空 書道 インテリア
    • 奉納 観世音寺

    Amazing
    Beautiful Spirit
    Crazy
    It’s not just a painting, it’s an experience!
    日本人で良かった
    日本人だけの杉田にしておくのは勿体ない
    作品を観ていると涙があふれてくる
    作品が生きている
    生き方から教わる事が沢山ある
    所作がすばらしかった
    書く姿に色気を感じた
    その筆遣いは、周りの空気をも緊張させる
    いつ観ても、心がグッとくる
    生きるとは何か、振り返る機会になった