おすすめ情報

観世音寺へ作品を収めました。

書道 奉納 観世音寺 以和為貴

2018年8月2日に、太宰府 観世音寺へ作品を奉納いたしました。

額装された作品は、

多くの額装支援くださった方々のおかげで完成いたしました。

心より感謝申し上げます!

ご支援いただいた皆様の名前も名録として、桐箱に包みました。

作品は、与謝野鉄幹・晶子ご夫妻や、文秀女王、宮小路浩潮さんなどの書作品とともに、観世音寺にて保管、展示されます。

100年後、誰かが観る機会があるかもしれません。

それもまた楽しみの一つです。

それまでに、今から精進せねば。

書道 奉納 観世音寺 以和為貴 額装支援者

書道 奉納 観世音寺 以和為貴 桐箱

おかげさまで、住職も喜んでくださいました。

書道 奉納 観世音寺 以和為貴 住職と

住職は、日本考古学協会の元会長もされていた方でして、

紀元前後の日本や中国の話をいろいろと伺いました。

当時の、日本と中国を学ぶ上で、その間にある韓国もまた学ぶ重要性があり学んでいたとのこと。

日本だと弥生時代近辺。

魏志倭人伝のリアルな話が、ほんと面白かったです。

なぜ、韓国が日本を嫌うのかも面白かった。あぁ、そんな昔からの因縁なのかと。

日本人の特性が、すごくいい話でした。これもまた昔からだった。むしろ、今が少し間違えてるのかな?

文明自体は、少しずつ開いていっている。

文化は、ずっと交流と影響を及ぼし合っている。

「稲作という文化が日本にも届いたことで、アジア全体が同じような風景になった」

これ、すごく大事なキーワード。

文化や文明は、そうして「同じような風景」になる事で、お互いを認めあい、共存しあうことになる。

今のデジタル・グローバル社会がそれに近いなとも感じた。

弥生や倭人伝あたりの歴史を読み解くために、

ある歴史本を知ることが必要になったので、それを読んで理解していきたい。

考古学からの歴史と、考察から見える歴史。

その2点を聞けて、かなりワクワクしました。

面白かった。

教科書じゃ学べないような事を沢山学びました。

今後に活かせそうです。

観世音寺 奉納

観世音寺 作品奉納

この4月が、もう懐かしいです。

また前進して参ります。

感謝をこめて。

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    杉田 廣貴
    杉田 廣貴
    書家, 美術家

    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年は東武百貨店で個展の他、G20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

    / オンラインストア