CALLIGRAPHIC VISION

描画された文字

20世紀を代表する孤高のアーティスト サイ・トゥオンブリー

ジャクソン・ポロックなどが台頭した時代を共に生きながら、独自表現を追求し、自らの道を確立した。

彼の生き方や作品に共通する何かを、アートの視点から書道や日本文化を見つめてきた杉田は感じるようになった。

杉田の書道を、

人は「絵」として捉えられることが多い。

海外でのパフォーマンスにおいても、「文字」を読み解こうとするなと伝える。

それよりも大切な概念が存在するからだ。

杉田が書道パフォーマンスの仕事で訪れた、UAEのアブダビ。

ルーブル美術館で、トゥオンブリーの作品と出会った。

彼の作品を前にして、身動きが取れなくなった杉田は、初めて篠田桃紅先生のアートワークと出会った時の感覚を思い出した。

究極の線を描きたい。

杉田の作品に根付く、最も重要なビジョンだ。

その時から、もう一度、このビジョンを完成させていこうと思えるようになった。

杉田のアートワークには、サイ・トゥオンブリーと共通する何かが存在するのではないか?

このシリーズでは、「究極の線」を探す、その目的に芸術性を探究していく。

//

Cy Twombly, a solitary artist representing the 20th century

While living through an era in which Jackson Pollock and other artists were on the rise, he pursued his own unique style of expression and established his own path.

Sugita, who has been looking at calligraphy and Japanese culture from the perspective of art, has come to feel that there is something in common with his way of life and his works.

Sugita’s calligraphy is often seen as a “art painting”.

Even in his performances overseas, he tells people not to try to decipher “calligraphy”.

This is because there are more important concepts than calligraphy.

Sugita visited Abu Dhabi in the UAE for a calligraphy performance.

At the Louvre Museum, he came across Twombly’s work.

In front of his work, Sugita got stuck and remembered the feeling he had when he first encountered Toukou Shinoda’s artwork.

I want to draw the ultimate line.

This is the most important vision rooted in Sugita’s work.

Since that time, I have been able to try to complete this vision once again.

Isn’t there something in common between Sugita’s artwork and Cy Twombly?

In this series, he explores the “ultimate line”.